www.vetchiba.com注意:このページを含むホームページ上部の広告は、Googleにより、ランダムに表示されるもので、千葉市獣医師会とは関係ありません。円滑な運営をするために、提供していただくサーバーのものですので、ご理解をお願いします。なお、千葉市獣医師会は広告収入を一切提供を受けていません。

案内 ネコちゃん編

このコーナーではペットのネコちゃんをお飼い

になる上で最も大切な病気の予防や 不妊

(去勢,避妊)手術についてご案内いたします    

予防注射

 
 ネコちゃんをワクチン接種で怖い伝染病から守ってあげましょう。ワクチンには次のような伝染病を予防する力があります。

猫汎白血球減少症(パルボウイルス感染症→このウイルスは病気にかかった猫の排泄物や体液により他の猫に感染したり人の衣服について家庭内に持ち込まれたりします。また、母猫が感染を起こすと胎児に深刻な影響を及ぼします。白血球が極端に少なくなる病気なので感染した猫の死亡率は高く、急に元気がなく食事を受け付けなくなり、高熱、嘔吐、下痢などの症状が現れます。

猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)→ヘルペスウイルスで起こり、人の風邪にとても似て接触感染の他空気感染を起こします。秋から春先にかけて特に外猫を中心に猛威をふるいます。鼻水やクシャミ、目やにを伴う結膜炎、発熱、食欲が無くなる、下痢をする等の症状の他、重傷例で肺炎を起こしたり他のウイルスと混合感染を起こして死に至る場合もあります

猫カリシウイルス感染症→このウイルスはFVRのウイルスとその性質や症状が似ていますが、舌に潰瘍が出来るのが特徴で肺炎を起こしやすく、危険なウイルスです。

猫白血病ウイルス(FeLV)感染症→FeLVは猫に白血球系の腫瘍(細胞のがん化)を起こすウイルスで猫同士のケンカや交尾による感染、母猫から子猫への垂直感染などで日本中に広がり、今では国の天然記念物である西表山猫に対する飼い猫からの感染が確認されるほどです。このウイルスの困った点は感染したほとんどの猫が知らない内にキャリアー(保菌者)として病気を伝搬する事です。症状は様々で免疫不全症、のパルボウイルス様症状、白血病、リンパ系腫瘍等です。

猫クラミジア感染症→この菌の主に野外で活動する猫の保菌率はほぼ100%。菌は目や鼻から侵入するため、重度の結膜炎・鼻水・咳が症状です。肺炎を起こすこともあります。人畜共通の感染症ですので猫から人への感染も報告されています。

3種混合注射猫白血病予防注射があります。
また、クラミジア以外を予防できる4種混合注射 上記すべてを予防できる5種混合が登場いたしました。7種混合は、5種混合と同じ内容のものを予防できるものですが、ウイルス株の数え方の違いだけです。


猫エイズ感染症 (FIV) FIVの感染経路は感染している猫との争いなどで受ける咬傷や交尾の際の噛み付くことが原因と言われています。長期にわたって持続感染し免疫力を徐々に低下させ、さまざまな病気を引き起こします。

明治製菓/共立製薬/北里研究所 フェロバックスFIVが発売されていますが、詳しくはかかりつけの動物病院で確認しましょう。海外へ行く前には狂犬病ワクチンを接種する必要があります。受ける前に抗体価を測定し、指定された施設で検査したのちにワクチンを接種、その後、抗体価を再度検査するなどの指定がありますので、大使館などで確認して下さい。


猫の不妊手術

【雌猫の発情と繁殖】雌猫の多くは生後6〜10ヶ月(体重2.5Kg以上)で性成熟を迎え、通年発情可能です。2〜3週間ごとに繰り返し発情周期を示します。雌猫は発情中普段と違う声で鳴き歩いたり床に体をこすりつけたりして見方によっては苦しがっているようにも見えます。発情中に屋外に出ると何回か交尾をし、交尾の刺激により排卵(交尾排卵)が起こり確実に妊娠いたします。このメカニズムこそ、ねずみ算ならぬ「猫算」と呼ばれる旺盛な繁殖力の理由です。

【不妊手術の時期と方法】日本やヨーロッパでは、手術の時期は性成熟を迎える生後6ヶ月以降となります。手術の方法は全身麻酔を利用し、注射麻酔や吸入ガス麻酔による維持のもとで開腹手術を行います。手術後は入院が必要です。手術後2週間程度で手術部位の抜糸を行います。

【雌猫の不妊手術をご希望の方は】あらかじめ予約をお願いします。手術前には絶食が必要となります。入院時間や手術前の準備、退院時間については動物病院でご相談ください。また、入院が必要なため予防注射がお済みでない場合は事前に予防注射をお勧めいたします。

【術後の注意点】不妊手術は飼い主を悩ませる鳴き声や繁殖の問題から必要な手術ですが、性成熟があまりに未熟な内に手術をしたりすると内分泌(ホルモン)バランスが崩れて脱毛を起こす原因となるので要注意です。

肥満の発生率が術後の場合2倍に増加する報告もあります。。食事量の増加や運動量の減少には是非気を付けて過度の肥満は予防しましょう

【関連した情報】9月の動物愛護週間に千葉県獣医師会事業として抽選で不妊手術助成券を発行いたします。


雄猫の去勢手術

【雄猫の発情期】雄猫の性成熟は7〜9ヶ月とやや遅く、性成熟後の雄猫は雌猫の発情期に合わせてなわばり行動(放浪)、ケンカ、尿の散布(スプレー行動)、夜鳴きなどの(人にとって)困った行動をします。雄猫のなわばり行動はまた交通事故、猫エイズなど伝染病の蔓延、ひどい外傷性化膿創、腎不全、毒物中毒など寿命を大幅に縮める引き金となります。

【去勢手術の時期と方法】日本やヨーロッパでは手術の時期は性成熟を迎える生後7ヶ月以降が一般的となります。手術の方法は全身麻酔で、注射麻酔や吸入ガス麻酔による維持のもとで精巣摘出手術を行います。手術後は回復するまで入院が必要です。

【雄猫の不妊手術をご希望の方は】あらかじめ予約をお願いします。手術前には絶食が必要となります。入院時間や手術前の準備、退院時間については動物病院でご相談ください。また、入院が必要なため予防注射がお済みでない場合は事前に予防注射をお勧めいたします。

【術後の注意点】去勢手術は飼い主を悩ませる行動問題から必要な手術ですが、性成熟があまりに未熟な内に手術をしたりすると尿石症による尿詰まりへの影響や内分泌(ホルモン)バランスが崩れて脱毛を起こす原因となるので要注意です。

肥満の発生率が術後に増加すると言う報告もあります。食事量の増加や運動量の減少には是非気を付けて過度の肥満は予防しましょう

(関連した情報)9月の動物愛護週間に千葉県獣医師会事業として抽選で不妊手術助成券を発行いたします。


inserted by FC2 system